タレルの部屋

金沢21世紀美術館の中で、スイミング・プールの次に好きな場所かもしれません。

 

タレルの部屋。本当に部屋です。

 

タレルの部屋の入口

 

しかも、すごく天井が高く広い部屋なんですが、上を向くと天井を四角に切り取ったようになっていて、その日の雲や青い空などがみえるんです。

 

ジェームズ・タレルさんが作った「ブルー・プラネット・スカイ」という作品です。

 

この部屋の上が切り取られたようになって空が見える

 

比較的天気の良い日にしか行ったことがないので、まだ青空しかみたことがありません。時間帯もほぼいつも一緒・・・この場所はなんだかひっそりあって、とても落ち着く場所なので時間があるときは、ベンチに座りのんびりその天井の雲の動きなんかを観察しています。

 

しかし、本当に素敵な空間です。何ともいえない、静寂感がよかったりします。

 

金沢21世紀美術館は写真を撮ってもいいところもあるので、その素敵な空間を家に持って帰れるのはうれしいことです。タレルの部屋も撮影OKです。

 

下から空を写してみました

 

なかなかうまく撮れないですが、自分なりに撮ってみました。写真と肉眼では全く感動は違うけれど、写真でもなかなか不思議な感じに撮れるので、家に持って帰って母や友人に見せるとすごい!すごい!と感動してます。

 

金沢21世紀美術館には、いつもだいたい2時3時くらいに訪れることが多くて、夕暮れ時のタレルの部屋にはまだ行ったことがありません。

 

日が暮れる時間帯もきっときれいだろうから、次回はぜひこの時間を狙ってタレルの部屋に訪れたいなぁと思います。

 

ちなみに、この部屋は入場料無料ですよ!

 

>>金沢駅周辺のホテルを地図から探す